こんにちは、「御食事ゆにわ」の店長・ちこです。

3月3日の桃の節句は「ひな祭り」として
ひな人形を飾り、女の子の成長をお祝いしてきました。

そのおめでたい席に欠かせないのが、
春の息吹のこもった、美味しいお料理です。

もともと「節句」とは、
季節と季節の区切りを意味しており
新しい季節のエネルギーが訪れる日のことをいいます。

男女問わず、とても重要な意味を持つこの節目に、
縁起のいいお料理から春の運気を授かれば、
心がパッと明るくなって、
全身に悦(よろこ)びが満ちてくるのです。

さらに、「桃の節句(3月3日)」の日付にも、秘密があります。

「3」という数字には、
お内裏様とお雛様、男性と女性といった
「対・ペア」になる「2」つのものが合わさって
「さらに、新しい〝1〟が生まれる」という意味があるのです。

「この春、なにかを始めてみたい」
「すてきなご縁と、結ばれたい」
「ちょっと、新しい自分になってみよう」

そんな気持ちを後押しできるようにと
気持ちを込めてお作りしています。

彩りゆたかな「縁起物」には
その「色」や「形」にも、意味が込められています。

腰のまがった海老は、
長寿の神様である七福神の寿老人やえびす様をあらわし、
レンコンは「見通しのよさ」を意味することから、
体内の毒素を排出してくれる作用もあります。

宝玉のように美しいイクラは、
鮭の卵であることにちなみ、子孫繁栄を願って。
錦糸玉子は、きらびやかな金銀財宝。

そして、ちらし寿司には沢山の具を混ぜることから
「成長しても食べるものに困らないように」
という願いをこめて作られていました。

さらに、

・生命エネルギーの桃色(魔除け)
・雪の大地の白色(清浄)
・春の芽吹きの緑色(健康)

と見立てた「3色」をいただくことで、
大自然のエネルギーを授かることができるのです。

寿司酢には白砂糖を一切使わずに、
体を温めてくれる「ゆにわのきび砂糖」と
無農薬のお米から作られた純米酢を使用しているので、
自然の優しい甘みが、口の中いっぱいに広がります。

また、七福神にちなんだ7種類の食材を使い、
自家製の「福神漬け」を混ぜ込みました。

食べてくださる皆さまが元気になって
雪が溶け、草が芽生え、花が咲くごとく疲れがとれ、
日々の努力が報われていくようにと、願いを込めて。

お子様からご高齢の方まで
美味しく召し上がっていただける、
ゆにわのちらし寿司。

ぜひご賞味ください。

価格 2,420円(税込)

下記フォームにてお申し込みください。

◆お申し込みはこちら

◆お問い合わせはこちら

「社員食堂ゆにわ」でお受け取りいただけます。お受け取りは3月3日(水)、楠葉のみです。
化学調味料や保存料などの添加物は一切使用しておりませんので、その日のうちにお召し上がりください。