美味しいごはん

7月23日 in 大阪
食べ方を変えれば、生き方が変わる!

日本人のすばらしさを思い出せる映画「美味しいごはん」
ちこ×鈴木七沖×小田真嘉による特別トークイベント



 ちこです。

6月4日に東京で行いました
映画「美味しいごはん」のトークライブには、

・美味しいごはんを食べるのが大好き
・食に関わる活動をしている(これからやろうとしている)
・家族のため、世のため、人のため、未来のために何かしたい

という、とっても意識の高い方々に、ご参加いただきました。

さらに
第一回目のクラウドファンディングも
多くの方々に、ご賛同とご支援をいただき
本当に感謝の気持ちでいっぱいです。

プロジェクトメンバーと顔を合わすた度に
「何十年も、ずっと見続けてもらえる映画にしよう」
と、盛り上がっています。

そして、映画の中身の話になると
みんな、どんどんテンションが上っていき

「どうせなら、あの話も入れよう!!!」
「せっかくだから、このシーンも入っていたらいいよね~」
「それだったら、あの内容もいいなぁ…」

とアイディアが止まりません。

それらの内容をすべて盛り込んだら
何十時間の映画になってしまうでしょう…。

みなさんのお気持ちにお応えしたい、と思うほど
映画の完成を待っていられない気持ちです(笑)

そこで…
もう直接、お伝えできることは、どんどんしていこう!!!
となりました。

そこで
東京でのトークイベント直後から、今もなお
大阪での開催のご希望をいただいていますので

急遽ですが
7月23日に、大阪城ホールのコンベンションホールにて
私(ちこ)と、小田真嘉さん、鈴木七沖さんの3人で
第二弾の特別トークイベントを行うことにしました。

今回は、せっかくなので
東京のイベントではお話しできなかった

1)美味しいごはんのつくるための心得
2)ごはんで人生を変えるための秘訣
3)今の時代を動かしている「日本神話」とは?
4)どうして今、お米の復活が大事なのか?
5)「日本人」と「お米」と「人生」の秘密

などの踏み込んだお話も
たっぷりお伝えしようと思っています。

そもそも
今回の映画「美味しいごはん」の一番目的は

「ひかり輝くごはん」のすばらしさを
一緒に伝えていける仲間をつくることでした。

今回の大阪でのトークイベントでも
ステキな方とお会いしたいと思っていますし

みなさまのご要望やご質問にお答えしたり
ごはんのすばらしさを熱く語り合いたいです。

美味しいごはんを通じて
ひとりひとりのいのちが
ひかり輝くステキな世の中を
一緒に目指していけたらうれしいです。

ー 料理人ちこ ー


<トークイベント詳細>

日時:2017年7月23日(日)13:30~18:00

場所:大阪城ホール コンベンションホール 会議室(大)
http://www.osaka-johall.com/organaizer_access/

〒540-0002 大阪市中央区大阪城3番1号
大阪ビジネスパーク駅(地下鉄長堀鶴見緑地線)より徒歩5分
大阪城公園駅(JR環状線)より徒歩5分

参加費:3,000円(税込)

定員:100名

<当日の予定>

司会:制作プロデューサー鈴木七沖

12:45~ 開場

13:30~14:30 第一部:主演ちこ×鈴木七沖
「食べ方を変えたら、生き方が変わる」
・なぜ、ごはんには人生を変える力があるのか?
・こうして、この映画がはじまった
・美味しいごはんの作り方、長く愛される本の作り方
・命が宿るものをつくるための心得とは?

14:30~14:50 休憩20分

14:50~15:50 第二部:ゼネラルプロデューサー小田真嘉×鈴木七沖
「食と仕事との大切な関係」
・食が乱れると、働き方が乱れる
・どうして、二人は食に行き着いたのか?
・いい仕事をするために大切にしていること
・知るだけで働き方と生き方が変わる『お米の秘密』

15:50~16:10 休憩20分

16:10~18:00  第三部:みんなで語る映画「美味しいごはん」
ちこ×小田真嘉×鈴木七沖
・「美味しいごはん」は、どんな映画になるのか?
・プロジェクトメンバーのそれぞれの思いを語る
・参加者のみなさんからの質問や要望に、みんなで答えます!
・みんなでごはんを語ろうコーナー

※内容は、当日の流れや映画の進行状況で
変わる場合があることをご了承ください。

参加申込みはコチラから


<プロフィール>

【主演】
「いのちのごはん」をつくる ゆにわ店長ちこ

17歳で人生の師と出会い、「食を変えると人生が変わる」
ことを自らの体験を通じて会得する。

現在は大阪府枚方市楠葉にある「御食事ゆにわ」で
厳選された塩、水、お米を中心に、いのちと向き合う ように食材と向き合い、
本来の輝きを引き出してごはんを作る「ゆにわ流」を実践 。

そのごはんを食べただけで
「人生が変わった!」
「本当の幸せとは何かがわかった」
「食べただけで涙が流れたのは初めてです」

そんな風に人生が大きく動き出す人が日に日に増えている。
また、食の講座を通じて食との向き合い方、食べ方を伝えながら、
日々精力的に活動している。


【制作プロデューサー】
本にいのちを吹き込む サンマーク出版 編集長・鈴木七沖

株式会社サンマーク出版 取締役 第4編集部編集長。
1964年、愛知県生まれ。

大学と専門学校を卒業後、ファッションデザイナーの下で「パタンナー」として活動。
その後、様々な就業体験を経て、1997年に未経験のまま出版社に入社。

書籍編集者として、これまでに150冊以上の作品を担当し、総実売部数が330万部を超える。

2011年、初の映像監督作品として村上和雄ドキュメント「SWITCH」を発表。
現在、国内外440か所以上、観客動員数は7万人を超えた。

2013年10月に「SWITCH」英語版が
「第4回ニューヨークシティー・インディペンデント国際映画祭」で正式上映されて話題となる。

その後は『「食べること」で見えてくるもの』『中村文昭ドキュメント「何のために」』を発表。

2014年7月26日には全国47都道府県67か所で
一斉お披露目上映会が開かれ、1日で約1万人を動員。

セルフプロデュースユニット「七つ風」を2015年から本格的に始動させる。

2017年4月より淡路島にて農業研修を受け始め、
5月からは料理研究家・辰巳芳子先生の直伝「2017年度 辰巳芳子スープの会」受講生となる


【ゼネラルプロデューサー(総責任者)】
使命で働く経営者やリーダーの指南役 小田真嘉

1979年宮城県生まれ。防衛大学校理工学部卒業。

経営者、専門家(プロフェッショナル)、作家、講師、コンサルタント、コーチ
コミュニティ主催者、プロジェクト責任者などの「リーダーの指南役」として活動。

古神道をベースに、仕事の原理原則、経営の要諦
繁栄の法則に基づいた、独自の経営コンサルティングや人材教育を行う。

職分(職業の本質)の追求による使命や理念の明確化や
強みを活かし合う成長する組織づくりなどが、特に定評がある。

また近年は自ら、複数の会社の経営とプロジェクトや地域産業活性化に関わり
医療・健康、 製造業、卸売業・小売業、IT産業、サービス業
宿泊業・飲食業、農業、教育学習業、出版業…

合計27業種と、多岐にわたる活動をしている(2017年6月4日現在)

参加申込みはコチラから